施行管理なら株式会社トータルオフィスパートナー

HOME > 就業スタッフの方へ > 社会保険 加入・脱退手続き > 離職時の手続きについて
就業スタッフの方へ
社会保険・加入・脱退手続き
※ご相談はトータルオフィスパートナー在籍者(予定者)の方に限らせていただきます。
離職時の手続きについて
離職にあたっては社会保険(健康保険と厚生年金保険)、雇用保険の脱退事務が行われます。こちらから送付するもの、返送していただくものがありますのでお知らせします。
社会保険について
社会保険の脱退には健康保険被保険者証の返却が必要となります。
保険証の返却が遅れると、脱退の手続きが滞ってしまいますので速やかにご返送ください。

脱退後、国民年金、国民健康保険に加入される時は離職票と年金手帳、印鑑をお持ちになって市区役所、町村役場で手続きして下さい。その際に保険喪失証明書が必要な方はご連絡下さい。
(詳しくは住民登録地の国民健康保険担当課にお問合せ下さい。)
雇用保険について
失業保険を受給する場合、離職票を発行することになります。離職票が必要な方は担当の営業にご連絡下さい。当社で作成した離職票用紙にまずは署名・捺印をいただきます。ご返送頂いた後、職業安定所で届出をすると雇用保険の資格が喪失され、離職票発行となりますのでご協力をお願い致します。なお離職票の送付には離職日より1〜2週間程度かかりますので、国民年金・国民健康保険の加入等で保険喪失証明書が必要な方はお早めにお申し出下さい。こちらでお預かりしている年金手帳・雇用保険被保険者証は離職票と共にご返送致します。失業保険の受給に関しては離職票送付時に「離職された皆様へ」というハローワークのパンフレットを同封しますので、そちらをご覧下さい。
pagetop